「速さ」で信頼をつかむ

ジールキャリア
営業部 サブマネージャー

ジールキャリアに入社を決めた理由

就活は「ベンチャー」「営業」「人材」の3軸で行っていました。入社後3年間でどれだけ1人の人間として大きくなれるかを考え、スピード感のある企業を求めていたなと改めて思います。
入社を決めた理由は2つあります。1つは“人”です。当時説明会に携わっていた方が直属の上司になるのですが、立ち居振る舞い、(公私)充実感、自信、、全てがキラキラして見え、自分もこんな20代人生を送りたいと感じました。
2つめは“レスポンスの速さ”です。何百人もの学生を対応する中で、一学生である自分への連絡・レスポンスが群を抜いて速く、丁寧であったことが印象的です。その時の自分は何をするにも期日ギリギリで連絡もまめにとらない性格であったので、圧倒的に足りていないこの部分をまず叩き直したいと思いました。

仕事のやりがい

無形商材を扱っている分、新規開拓では“商品を売り込む”というよりもまずは“自分自身を売り込む”必要があります。1人の営業マンとして相手の信頼を勝ち取り、「この人になら任せても大丈夫だろう」と思わせること。
そのために私が気をつけていることは、まっすぐその企業様に向き合うことと対応の速さです。お話をしていく中でどのプランがこの企業様・担当者には合い、結果が見込めるかといったところを本気で一緒に考えます。また何か質問や要望があった際には早急に対応をし、「速さ」でも信頼を得ようと努めています。
商品を気に入って頂いてご契約頂く企業様も勿論いらっしゃいますが、半信半疑の状態から最終的には営業マンへの希望と期待を持ってご契約に踏み切って頂く瞬間は本当に心から嬉しいです。

休日の過ごし方

金曜夜から日曜夜にかけて、とにかく予定を詰めて全力で遊びます。お買い物して、ごはん食べて、飲みに行って、という流れはいつもですが、1人暮らしで友人がよく家に来てくれるので一緒に料理してDVD見ながらゴロゴロ…というゆったりした休日も最高に好きです。最近は、おいしいモツ鍋屋さんかおいしいワインのお店を探し歩いて楽しんでいます。
休日の過ごし方は学生の時とあまり変わっていないような気がしますが、やはり社会人になってからは1日が本当にあっという間に過ぎていくので、土日の2日間の使い方は私の中でものすごく重要です。休日家で寝てた日は正月休みと胃腸炎のときくらいです!(笑)

タイムスケジュール

08:00 出社 営業部会議、1日のスケジュール確認、企業訪問の事前準備、書類作成等
08:50 清掃 全社員で10分間清掃
09:00 朝礼 テレアポ、企業訪問
12:00 昼食 社内、会社周辺、外出先でランチ その日のスケジュールと気分です
13:00 昼礼 テレアポ、企業訪問
18:00 終業 行動管理表、案件管理表の入力、メール対応、提案書作成、DM・資料郵送等
20:30 帰宅

※終日社内にいる日もあれば、終日外出している日もあり、日によりスケジュールは大きく異なります。

会社の雰囲気

「気合と根性」「ポジティブ」「結果主義」私の中でこの3つのワードが浮かびました。ジールキャリア社員の8割が体育会系出身者ということもあり、やはり体育会系色は強いです。まず前提としてポジティブであること。ネガティブ発言や暗い顔つきを嫌い、辛い時でも笑え!と社長はよく言います。また評価は過程ではなくあくまで結果。「努力した、頑張った」というのは自己満足でしかないということを入社して痛感し、結果に対するこだわりは更に強くなりました。全社員、目標に対する思いは半端ではないです。あとは気合と根性ですね!考える前にとりあえず行動に移す!どんなに高い目標で見えないとしても、うまくいかないことが重なったとしても、みんな発言は強気です。基本は“出来ます、やります”の姿勢で、どんな境地でも最後の最後まで戦い抜くスタイルです。

仕事をしている中で1番嬉しかったこと

クライアント様から、ジールの営業担当という扱いではなく、1人の人間として見てもらえると感じる瞬間は凄く嬉しいです。たとえば契約内容に関わる報告書等をお送りする際も必ず返信を下さり、追伸に一言「がんばれ!負けるな!」のように私へのメッセージを入れて送ってくれる企業様がいたり、電話で「頑張ってるか~」と気軽に連絡を頂けたり、そんな日々の温かい一言にすごく救われています。また、クライアント様から別企業様をご紹介頂き繋いでいただいたり、お食事会の場に招いていただいたりと、まだまだ社会人として未熟な自分に対して、すごく良くして下さる企業様がたくさんいて本当に恵まれているなと思います。今後も私個人として信頼をして頂き、クライアント様の良きパートナーとなれるようもっと勉強し成長していきたいです。